ホーム > 彫刻作品

イベント

彫刻作品

2005年9月17日、〈海の見える杜美術館〉は、自然に学びながら芸術文化を探求する、つねに新しい美術館としてリニューアルオープンいたしました。安芸の宮島と瀬戸内海を一望する当館には、駐車場から美術館までのアプローチとして、 古来わが国自生のものをふくめ300種類以上の植物が植えられた「杜の遊歩道」が敷設されています。緑の中の遊歩道を歩き、レストランでおいしい食事をし、美術館を訪れてすぐれた美術作品に出会い、館内のカフェでくつろぎながら景色を楽しむ~そんなゆったりとした時間の流れの中で、美しい自然と創造力溢れる作品の数々に直接触れながら、英気を養い、楽しみ、学ぶことのできる場所です。
また、美術館エリア全体で、芸術文化が楽しめる「芸術の杜」構想も進めてまいりました。まず2005年に田中毅さんの《子守》と林宏さんの《しあわせについて》を「杜の遊歩道」内に展示いたしました。 さらに2005年から2011年まで、新人彫刻家の発掘、援助を目的に開催した「彫刻ビエンナーレ」第1回優秀賞《間~MA》(吉田利雄)、第2回優秀賞《水の大地》(児玉士洋)、《森の精霊と番犬》(田中伸季)などの作品が加わりました。季節とともに変わりゆく風景の中に、人間の創造した芸術品が静かなアクセントをつけています。 美術館へお越しの際は、「杜の遊歩道」を散策しながら自然とアートが奏でる美の調べをお楽しみください。

過去の審査結果

当館では彫刻ビエンナーレを過去4回実施いたしました。
審査結果報告等以下をご参照ください。



PAGE TOP