ホーム > 展覧会 > 杜の遊歩道の彫刻作品

展覧会

過去の展覧会

杜の遊歩道の彫刻作品

海の見える杜美術館は、エリア全体で芸術文化を楽しめる「芸術の杜」構想を進めています。その一環として、杜の遊歩道を中心にしたエリアの各所に彫刻作品を展示しています。今後も、彫刻ビエンナーレの入賞作品をはじめ野外の作品展示を行ってまいりますので、杜の自然と芸術作品との出会いをどうぞお楽しみください。

展示作品の一覧

しあわせについて
林 宏《しあわせについて》

H170xW120xD70cm

しあわせについて
林 宏《しあわせについて》

H170xW130xD60cm

子守り
田中 毅《子守り》

H46xW30xD22cm

「第1回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞
「第1回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞

吉田 利雄《「間」~MA》
H190xW140xD100cm

■作者のコメント
一つの作品を通して、人と人、人と自然、作品と人、作品と自然 等々 様々な関係性を想像できる作品を作りたいと思い、制作しました。

「第2回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞
「第2回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞

田中 伸季《森の精霊と番犬》
H260xW90xD90cm

■作者のコメント
森の中で景色に反発するでなく違和感無く、森が生まれた時からこの場所に存在し、今迄もそしてこれからも森を見守っていた様なこの森の精霊と森を見張る番犬を作りました。この作品から様々な物語が始まればと思います。

「第2回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞
「第2回海の見える杜美術館彫刻ビエンナーレ」優秀賞

児玉 士洋《水の大地》
H280xW144xD168cm

■作者のコメント
生物の成長を育む水、大地と光。自然の恵みとやすらぎを水のやさしさ、大地の豊かさ、力強さとして表現しました。木々を揺らすそよ風や陽の光、空や緑の風景を作品に映しこむ事で人と自然との共生する様を表現しました。


PAGE TOP

子守り 森の精霊と番犬 しあわせについて 「間」~MA 水の大地 しあわせについて