展覧会

 

Exhibition

「厳島に遊ぶ -描かれた魅惑の聖地-」

 

【概要】

 安芸の宮島の名でも親しまれる厳島は、古来平清盛をはじめとする貴人が参詣に訪れる海上の聖地として知られてきました。江戸時代に入ると遊楽の地、憧れの旅先としてもその知名度を高めます。江戸時代初期には、京都や天橋立、松島など、各地の名所に遊楽する人々の様子を描く名所風俗図屏風が盛んに描かれますが、その中でも厳島を描いた作例数が目立って多いことが、その人気のほどを表しているでしょう。大きな画面に細やかに描きこまれた人々は、船を岸に着けて厳島神社を参拝するだけでなく、弥山の山頂を目指し、商店の並ぶ通りをそぞろ歩き、海辺で賑やかに宴会し、時には踊り、たいへん楽しげに厳島を満喫しています。

 本展は、これら厳島図屏風を軸に、浮世絵、版本等江戸時代の作例を中心に展示し、当時の人々が憧憬してやまなかった聖地の様子をご覧いただきます。描かれた厳島を堪能した後は、うみもりテラスから現在の厳島の眺望をお楽しみください。

チラシダウンロードはこちら

【会 期】

      2019年11月23(土)~12月29(日)

【休館日】

      月曜日(但し、月曜日が祝日の場合は開館し、翌火曜日を休館とする)

【開館時間】

      10:00~17:00(入館は16:30まで)

【入館料】

      一般1,000円/高大生500円/中学生以下無料

      ※障がい者手帳などをお持ちの方は半額。介添えの方は一名無料。※20名以上の団体は欠く200円引き。

【タクシー来館特典】

      タクシーでご来館の方、タクシー1台につき1名入館無料

      ※当館ご入場の際に当日のタクシー領収書を受付にご提示ください。

【主 催】

      海の見える杜美術館

【後 援】

      広島県教育委員会、廿日市市教育委員会

 

【イベント情報】

■公開レクチャー「絵図から見る江戸時代の厳島参詣」*要事前申し込み

[講 師] 大知徳子氏(県立広島大学 地域基盤研究機構 地域基盤研究センター 宮島学センター 特命講師)

[日 時] 11月30(土)13:30〜15:00

[会 場] 海の見える杜美術館

[定 員] 30名(先着順、要事前申込)

[参加費] 無料(ただし、入館料が必要です)

[申し込み方法] お電話かメールでお申し込みください。その際、参加者のお名前とお電話番号をお知らせください。

        なお、定員に達し次第締め切りとさせていただきます。

        Tel:0829-56-3221 メールアドレス: info@umam.jp (件名に「厳島に遊ぶ展レクチャー参加希望」とご記入ください)

 

■当館学芸員によるギャラリートーク

[日 時] 12月7(土12月21(土)、12月28日 13:30〜(45分程度)

[会 場] 海の見える杜美術館 展示室

[参加費] 無料(ただし、入館料が必要です)

[事前申し込み] 不要