ホーム > 美術館の概要 > 美術館の仕事

美術館の概要

美術館の仕事

今と、これからのために。収集、保存、そして公開に力を注ぐ。

美術展を開催する、それだけが美術館の役割なのでしょうか?
もちろん、優れた美術品を「収集」し、理想的な状態で「公開」することは大切な使命です。
しかし、一つの作品を好きになればなるほど、もっとその作品、あるいは作家のことを知りたくなりませんか?
その作品をずっと大切に守ってあげたい、後世の人にも伝えたい、という気持ちが湧いてくるでしょう。

この思いは美術館でも同じです。だからこそ、美術館は「保存」という大きな役割も担っているのです。海の見える杜美術館では、この「収集」「保存」「公開」という3つの要素をセオリーとして、作品とそこに含まれる情報を後世に伝えることをめざし、芸術文化の創造と発展に寄与したいと考えています。


PAGE TOP