竹内栖鳳展示室

 

Takeuchi Seiho Exhibition room

近代日本画を代表する巨匠のひとりである、竹内栖鳳。年に4回のテーマ展示で、栖鳳の師や弟子たちの作品もあわせて、当館の栖鳳コレクションの多彩な表情をご紹介します。

―未完の作品たち―

 数々の名品を生み出した竹内栖鳳の画業の陰には、完成に至らなかった作品が多く存在します。竹内家旧蔵の資料の中には、力を入れて描いていたにも関わらず、何らかの理由があって途中で筆を止めたものが残されています。これらは制作の過程を見る上で興味深い資料であり、また画家の創作意欲を生々しく感じ取れる魅力ある「作品」でもあります。本企画では、栖鳳の本画だけでなく、未完の作品を中心に展示いたします。これまであまり知られてこなかった、色づかいや構図などの表現に見られる栖鳳の挑戦をご覧いただければ幸いです。