竹内栖鳳展示室

 

Takeuchi Seiho Exhibition room

近代日本画を代表する巨匠のひとりである、竹内栖鳳。年に4回のテーマ展示で、栖鳳の師や弟子たちの作品もあわせて、当館の栖鳳コレクションの多彩な表情をご紹介します。

竹内栖鳳 × 岡本東洋

-日本画と写真の出会い-

2020.6.20sat~8.23sun

 竹内栖鳳(1864-1942)は、画家としての活動を始めたころから、写真を積極的に活用していました。栖鳳が残した写真帳には、写真の上に直接筆で描き足して作画の構想を練っているものや、《アレ夕立に》(1909年、髙島屋史料館蔵)などの作品と似通った構図の写真もあり、写真を様々なかたちで制作の参考にしたことが見て取れます。

 岡本東洋(1891-1969)は、はじめ洋画家を目指しましたが、転じて写真家となり、受賞を重ねる一方で、画家に写真を提供、『美術写真大成』(平凡社、1936年)など絵画制作に役立つ写真集を出版しました。これら東洋の活動は、荒木十畝、川端龍子をはじめ多くの画家から高く評価されていました。

 このたびの展示では、竹内栖鳳の写真活用の足跡を示す資料と、多くの画家が参考にした岡本東洋の写真を通じ、画家と写真の関係の一端をご覧いただきます。